ONST.

なにもかも…




なにもかも捨ててしまえばスッキリとするのに…。

重荷を取り除いてしまえば、こんなにも広い空間だったろうか…と、
ぽかーんと広がる世界に、「宇宙でクルクル」と「レインボーキャッチャー」が、初夏を想わせる空の下で揺れていた。

これから始まる未来へ、大いなる冒険の旅路へ、
風見鶏のように僕の羅針盤に成っておくれ…。

想いだけは捨てきれないから…。
だから引きずりながら歩いて行けばいいのだ。

みっともなくても、それが人間だ。

僕が進むその先に、必ず道は出来るから…。
後ろ髪をひかれつつも、その先へと歩もう。

だから、お天道様よ、見ていておくれ…。

そして、幸運を指し示しておくれ…。

僕は大きな過ちを犯しているのかも知れないが…見えない明日を想うから。

その歩みを止められない。

さらば…幸い


新たなる旅路へ

宝さがしは夢の旅路だ。

ニャンとも =^・ω・^= (-人-) ただ祈るしかない。

この空、梅雨明けじゃないの?

風光明媚な美しき風景が広がるように…君はバラの王国へ。

明日は宝塚記念です。

m(__)m

2011-06-25 11:16:00投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと