ONST.

LAST DAYS RAINBOW




愛のレインボーキャッチャーと、宇宙でクルクルと共に旅する私は、
レインボーハンターと成って、ついに! 湘南平塚の虹ケ浜近くにて、虹ハンティングに成功した。

一瞬で、ずぶ濡れには成ったのだが、太陽の光が夏のように輝いていたので、もしやこれはと、車から飛び出した。
するとやはりスゴい虹が、虹ケ浜の大空に大きく架かっていた。
みんな感動していた。

竜の稲妻が走り、スコールのような夕立が行ったあとには、こんなステキで美しい虹が輝くんですね。

虹なんて、どのくらいぶりに見ただろうか…。
こんな大きくてハッきりとした生の虹を!!

携帯で映像撮影にも成功した。そしてYouTubeにもアップをした。

http://www.youtube.com/watch?v=AYnLtnlpbkA&sns=em

これはラッキーなんだよね。
これからの未来が七色に光り輝くようにと願いたい。
(-人-) =^・ω・^= ニャンとも祈るのみだ…。

冒険と旅路の終わりをどうむかえるかなんて、考えたって意味はないだろう。

ひとりだって、ふたりだって、終わりは淋しいから…。

そんな時、やはり誰かのぬくもりに触れていたい。

みんな同じだ。みんな同じ気持ちだ…。

そんなこと、知りはしないし、知るすべもないと…、
他人ならばと、通り過ぎる風に、ふと君が笑う。

なんでなんだろう。

いつまでも、いつまでも消えない想いなんてあるのだろうか…。

そんな想いは、あるはずがないと思うが、永遠を誓う時、にわかにその想いは真実味を増して、永遠なる重みを宿す。

だから、僕らは嘘つきだ。
嘘をつきたいし、つかれたい。

騙されて嘆き悲しむ人生もまた、ひとつの愛の形なのか…。

愛している。
愛していた。
愛したかった。
愛されたかった。
愛されていた。

すべてが真実で嘘だ。

なぜならそれは存在しない夜の闇だから…。

そこに一滴の光を照らす希望があるならば、僕は明日を想う君を信じるよ。


だから信じて欲しいのだ。
信じて欲しかったのだ。


虹の橋が架かる僕らの未来を…。


だから、=^・ω・^= (^人^) ニャンとも祈ろう!


がんばろうぜ!●日本
Sing for NIPP●N

2011-07-01 23:31:00投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと