ONST.

ポルコのブログ

884件中   41 - 45 件表示 ( 全 177ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

春一番




春一番が吹いて…、暖かな陽気がやってきたかな…なんて思ったとたんに、なんだか冷たい寒波の雨模様。

まるで気が向かない病のそんな日々に…なんだか忘れかけた事でもあるかのように、声をかけられたとしてもまるで気が向かないし気が進まないのだからすいません。m(__)m
ノーリアクションでごめんなさい。(-人-)
み〜んななんだか億劫なのです。
自分だけの世界に引きこもって、人との関わりを遠ざけている。

イヤでも私自身に降り掛かる様々な身内の諸問題だけで一杯で、自分の事も愛する人の事すらもまるで考えられないでいると言うのに、そんな気持ちの余裕が何処にあると言うのか? だから許してください。
ノーリアクションで閉ざした私の失礼な態度を…ゴメンナサイ。

ほっぽっといて…と、高齢者に成った要介護の父が、毎日うるさく同じコトバを繰り返し繰り返し何度もクチにします。
私も同じような気持ちで…それは、でもほんとは寂しくて…ずっと自分の中にある想いを見つめているのです。

私は毎日を一途な気持ちで生きています。それは誰かのためではありません。
でも、愛する人を幸せにしたいから、幸せにしたかったから、自分が幸せにならなけりゃいけないんだね。

だから楽しく毎日を過ごす事は大切で、それは新しい冒険の旅に出たいわけじゃなく、愛する人を守りたいだけ、愛を与えたいだけ。

でも、誰かに奪われてしまうような愛ならば、それはもういらないんだ。

だから前だけを向いて歩いて行く…。
いっぱいなものを抱えたままで…それでよい。

本当の愛だけを信じる。

立春の新しい一年に、人生の春と言う美しい季節に再び向かって、その一歩を踏み出すためにはどうすれば良いのだろうか…とずっと苦しんでいる。

そう。

神は愛なんだそうだ…。

ならば、あなたの愛は神だ。

もう私は跪くしかない。


細雪のような美しい春をいま夢に描きながら…。
今年も儚い夢を私は語るのだろうか…。
これはきっと春の病である。
どうしたら…気が向くのだろうか…。
浮上できるのだろうか…。
勇気が生まれるのだろうか…。
忍耐が続くのだろうか…。

私の気が向く…爽やかペパーミントの味がする食べモノや、幸運のクローバーのようなグリーン色でスイーツなドリームを描きたい!そんな探求心だけが、病から抜け出すカギなのか…汗。

ケロケロと…両生類のカエルが鳴くように、その夢や時間が、記憶が甦る!?

カエルの王様が見ている。弥生3月その門出に幸あれ。

(^O^)/
桃の節句で、お雛祭りでしたね。
おめでとうございます。


m(__)m =^・ω・^=
みーちゃんもひな祭り!
(笑)

2011-03-04 01:10:03投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと

梅の花




実家の梅の木に花が咲いていました。

この冬に、実家の庭木の刈り込みをドカンとしたもので…丸裸な梅の木。
毎年たくさんの花を咲かせていたのですが、今年は寂しい感じです。
気が付けば数少ないその枝には蕾が膨らんで、いつのまにか花を咲かせていました。

春はそうやって、僕の知らないうちに…気が付かないうちに、いつしか突然と訪れているのです。

そんな君の春にも、僕は置いてきぼりと成って、今年も春爛漫なその美しき花と光の狂瀾を独り想うのです。

それでも…そんな自然に癒されるから…僕はやっぱり気が向かない病なのです。

気が向かない。
気が乗らない。
気が進まない。
そんな気分じゃない。

やはり気持ちとは、そんな人の気分にも左右されてしまうから、そんな自分がやはりいるから、それはどうしょうもない気分屋な自分なのだから…仕方がない。

やる気がしないものをやる意味はない。
だから…何がしたいのか? なんていくら考えても意味がない。

気が向かないし乗らないし進まないのであるならば、やめておこう。

でも、人に言われたようにやってみたなら、無理をしてでも動いてみたなら、案外楽しかった…なんて事もある。

けれど最初から、まずそんな気分にもならないのであるならば、なんでだろう…。それはもう病気なのではないか…と思う。
人との関わりが煩わしく怖いし勇気がない。引きこもりなのだ。

お天気にでも成れば、晴天に成ったならば、ある日そんな気分も晴れて、気持ちも変わって、世界も違って見えてきたりもするのだろうか?

こんな時はいつまでも、ゆるくやさしく自分の世界に閉じこもって、ぬるま湯で遊んでいればいい。
しくしくと小さくても作品を作ったり自己表現のコトバを紡いでいたりすればいい。
それでいいんじゃないのかな?

人様に迷惑をかけて生きるのならば何もせず、独り妄想をしていれば良いのではないだろうか?
けして夢見る自由は失われはしないのだから…。

春には、そんな人間の修羅が現れ萌える。

=^・ω・^= m(__)m

だから…だから…せめて僕だけは…このやさしい世界を信じたい。
君のその世界を受け入れたいのだ。

2011-02-28 05:30:06投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと

ペパーミントの夢




爽やかなペパーミントの夢を妄想するように毎日描いている。

グリーンに輝く、そのクローバーな幸運に包まれる甘いスイーツなドリームは、
僕の味気ない毎日を明るく楽しく照らしてくれている。

このコダワリと巡り合わせは、きっと何かを僕に教えてくれているのに違いない。
だから極めながら、その時を、瞬間を待とう。

路上にある近隣のカエルの王子様は、やはりペパーミントのようなグリーン色で、その手には幸せな黄色いヒマワリを抱えている。
そして毎日、僕に笑顔とチカラをくれているようで…何かを教え伝えているようで…いつも気にしている。

毎日そんなふうに、緑色やペパーミントグリーンなモノにこだわっていると…なんだか発見があるのだ。

ペパーミントグリーンが、きっと僕に何かをもたらすのかも知れない。そんな予感がある。

おまじないチャームストラップのクローバーが、健康と富・幸運を運びます…とのまじないだ。

まじないを夢に描いてみようと思っている。

子供のように信じる楽しい気持ちが、きっと明日の希望を育てるのに違いない。

だから、その答えが何なのか? 今はまだ解らないけれども、近いうちに必ずやその答えが解るのではないか…と思うのである。

レインボーな七色の虹を越えようと描いた私の夢は、オレンジ色からやがてグリーン色へと変化をして行くのか…。

ペパーミントグリーンは、僕の明日にどんな意味をもたらすのだろうか?

幸運のみどりちゃんが目の前に現れたりするのかな?(笑)

そしたらビックリだ。
w(°O°)w

緑色について色々と調べてみよう。

そうだ! 緑色と言えば、光の三原色【RGB】だ。

光を生み出すためには、光を描くためには必要なモノだと言える。(^-^)


さて、そこで、唐突ではありますが、
ステキな虹が描かれている、NSP(ニュー・サディスティック・ピンク)の「冬の花火はおもいで花火」のYouTubeレア映像です。感激!!(^^)v


http://www.youtube.com/watch?v=cpm0k21Y6I0&sns=em

2011-02-24 04:45:03投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと

猫の日




にゃんにゃんにゃんで猫の日にラーメンの話。(笑)

やはり…なんだかんだと言ったって、良く食べに行くラーメン屋さんこそがマイ・ナンバーワンなお店なのではないか…つーことで!
今年は、足を運んだラーメン屋さんの回数をランキングしています。

食べたくて足を運んだのだけれど閉まっていた…なんてこともありますが、それについては含まずに、実際に食べた回数によるランキング。

それによりますと、
今年早くも4回食べている山岡家さんがトップ!
続いて、壱七家【厚木】、飛附亭【平塚】、麺の心【登戸】さんが2回で続いています。
他はまだ1回で、今年は足を運べてない、好きなラーメン店も多数あります。(^^)v

やはり山岡家さんについては、24時間食べられる強みがありますよね。
それに生活スタイルに密着していて、日帰り温泉の帰りの深夜に寄る感じで良く行きます。
すっかり店員さんとも顔なじみに成ってしまったわ。(笑)

壱七家さんも、オンリーワンラーメンの飛附亭さんも今年は早くも2回行っています。

飛附亭さんは、湘南海岸のビーチへ足を運びながら寄ると言うのが定番で、ちょっとした自分のなかではイベントです!
お天気が良い昼間に行きたいオンリーワンなラーメン。そんな至福の時間なんです。

また、壱七家さんは、近所ですから気軽に行けます。
毎月17日は壱七家さんのサービスデイです。
私には日常的なラーメンで、塩ラーメン+うずら増し+半ライスがお決まりセットなんですが、今年はまだ2回だけです。(笑)

また、登戸にあります麺の心さんが、同じく2回で、実はハマっています。
今年、初めて食べた「焦がしニンニク味噌ラーメン」が旨かったもので、まだまだ他オリジナルメニューもいろいろあって、サービス券もくれるもので、他メニューを食べつくしてみたくて、厚木界隈のラーメン店ではありませんが、都内に出かけたついでなどに寄り道をしたくなるラーメン屋さんなんです。それはひとつの楽しみ…。(笑)

ほんとなら渋谷や恵比寿へもラーメンを食べに足を伸ばしたい、行きたいところです。都内には、ほんとに美味しいラーメン屋さんがたくさんありますからね。

でもそんな美味しいラーメン屋さんは自分が暮らす近所にあって欲しいですよね。
ラーメンとは、そんな身近にあって欲しいものですよね。
そして、生活スタイルと常に密着をしているものですよね。
それがマイ・ナンバーワンなラーメンなのではないかと思うのです。

(^O^)/

あなたにはマイ・ナンバーワンラーメンやオンリーワンなラーメンがありますか?

2011-02-22 14:35:03投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと

ある光景




先日、小田原厚木道路の脇の道を実家へ向かってマイ・スーパーカーのスボロを走らせていたら、西日を浴びている物流関係だかの倉庫のような建物が左手に見えてきた。
車道に面している側に窓があり、そこに二人の人影が見えた。
窓辺に立ってタバコを吹かしている女性が二人、静かに遠くを見ているそんな昼下がり…。
おそらくパートタイムで働く主婦たちが喫煙所で休憩をしていたのだろう…。

その一瞬の光景が、その様が、なんとも印象深かったのだ。
私の車は一瞬にして通り過ぎていったわけだが…。
それは、なんてこともないただの日常的な光景だったのかも解らない。
普通なら気にも止めないかも知れない。だがなんだかその時は印象深く私の目に焼き付いているのだ。

そこには様々なドラマや物語が妄想できるし映るし見える。(笑)
彼女たちと私とでは、おそらくその時に見えていた世界が、光景が、まったく違ったであろう…。
眩しい西日に包まれながらも、ひだまりで見ている、見えている光景は、世界は、きっとまるで違うと思うのだ。

私には彼女たちが美しく見えたと言うか、かっこよく見えたと言うか、私にはなんともステキな光景に見えたのかも解らない。憧れる光景だったのかも解らない。
彼女たちは、その時、確実に何かと戦っていた。
その姿やチカラ強さに、永遠なる憧れとコンプレックスを私は抱いているのかも解らない。
やはり女性は女神だな〜と思うし、男はどう考えても生まれた時から女性に恩義があるし、負い目がある。
そう感じる。
それは私だけの特別な気分や感情なのかも解らないけれども…。
女性は少女から女に成り、やがて母に成る、その瞬間瞬間の変身は、まるでミラクルで、昆虫が幼虫からサナギに成り成虫へと成る様のように生命力に溢れている。
だから、絶対的な強さを秘めていると思うのだ。
それに比べたら、男なんて、実に儚い生き物である。
だから男は弱さを隠し、かっこをつけたりいきがったりするのかな…。(笑)

ジョージアのCMではないが、男ですいません。m(__)m

男性諸君へ!
こんな時代だけれど、女神のために男は頑張って強く生きましょうネ!!
男の妄想は自由なのだからさ!
o(^∇^o)(o^∇^)o
男たちよ!
いつまでも夢見ていよう。
いつまでも夢を追いかけて、そして死んで行こう。

(^O^)/

ヨシケン! 7度目の大ホールワンマンおめでとう!

赤坂ブリッツ! かっこよかったぜ!!(^^)v

ありがとう。

2011-02-20 22:20:04投稿者 : ONST.IMAX imai
この記事のURL トラックバック(0) nice!  あしあと
884件中   41 - 45 件表示 ( 全 177ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...